メニュー

手術の手順・注意事項

当日は絶食で来院ください。
必要に応じて、術前に全大腸内視鏡検査、浣腸下に手前の大腸を内視鏡観察を行います。
手術は鎮痛剤と鎮静剤を点滴より入れて、手術部位に局所麻酔をして行います。

手術時間は状況によりますが、20~30分程度です。
手術後は2~3時間程度お休み頂きます。
帰宅できるかの目安は、出血および痛みのコントロールができていいるか、また排尿状況によります。
原則として術後1日目、術後2日目の受診をお願いします。 以降の通院日は担当医との相談になります。

注意事項

不明点はお問い合わせください。
術当日の車、オートバイの運転はお控えください。
自転車は術後4週間、飲酒や運動は術後3週間程度お控えください。(術式によります)
原則として術後3~7日は自宅安静を中心にお過ごしください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME