メニュー

大腸がんに玉ねぎ

[2017.12.19]

先日、テレビでやっていました。

 

カナダ・オンタリオ州にあるゲルフ大学の研究グループが玉ねぎに大腸がん細胞を殺す力があると発表した。

この研究グループは、玉ねぎに含まれるポリフェノールの一種である『ケルセチン』に注目した。

 

人間の大腸がん細胞を培養した容器の中に『ケルセチン』を投入したところ、大腸がんは「アポトーシス」(細胞自死)と呼ばれる細胞の自殺現象を起こした。

 

ケルセチンが、がん細胞が持っているアポトーシスのプログラムに作用し、自殺に追いやったとみられると推測される。

 

まだまだ研究段階ではあるが、多方面からがんを治す手段が探されています。期待しましょう。

ブログカレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME