メニュー

胃がんは予防できるか - 日本人と胃がん ① -

[2018.03.08]

胃がんは昔から日本でも馴染みのある疾患です。

親族に胃がんになった人を持つ方も多いと思います。

40歳代後半から徐々に増えてくるのが一般的ですが、中には30歳前後で発症する若年性のものもあります。

 

一昔前の同年代で比較すると、人口10万人あたりの罹患率は男性、女性ともに大きく減っています。

しかし、高齢化の影響もあって2016年の統計で、がんで亡くなった人の数か男性で2位、女性で4位と以前高いところにあります。

 

当院では胃がんの早期発見、早期治療を目的として上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)を行っています。

意識下鎮静下(リラックスした状態で口から内視鏡を入れます)、経鼻(鼻から細い内視鏡を入れます)のどちらにも対応しています。

一度、ご相談ください。

ブログカレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME